top of page
  • 執筆者の写真Aloha-boy

カッパ

カッパ並みに泳いでいる。


カッパがどれほど泳いでいるかは定かではないが

かなり泳いでいることに間違いない。


だいたい一日3000mから5000mを

月に20〜25日くらい。


おそらく年間で1000kmくらいは泳いでいる。

指の股の水かきも順調に育ちつつある。


なぜ泳ぐのか、という理由は自分の中では漠然としている。

初めは単純に楽しかった。


物事が上手くなる過程には誰もが夢中になる。

でもあるポイントを超えてしまうと苦しさを感じることも増え、

上達の伸びがなくなり、これまでの情熱が冷め始める。


でもそこを乗り越えると少しだけステップが上がり、

また楽しい時間がしばらく続く。 そんな繰り返し。


しかしながら一気に何千mも泳ぐのはかなりキツイ。

喘ぐような自分の呼吸を聞きながら、なぜ泳ぐのか自分に問う。


特に競技を目指しているわけでもなく、これと言った目的もない。

なのになぜ泳ぎ続けるのか、と酸欠気味の冴えない頭でいつも考えている。


あと50mだけ泳ごう。

あの壁をタッチしたら、もうやめよう。

そんなことを考えながら、ずっと泳いでいる。


大人になって話す内容としては小っ恥ずかしい限りだが

結局のところ、何かに負けたくない、と考えているのだと思う。

その何かとは何なのか。

誰か、ターゲットにしている人物がいるわけでもなく、

よくよく考えてみれば、それは結局、自分自身なのだろう、

とある日、気がついた。


特に驚くような答えでもないのだが

酸欠気味の頭で考えるには少々難しかったようで、

モヤモヤした深層心理を言葉にすると

ああ、そうなんだと自分でも驚いた。



ある時、プールそばのジャグジーでおばあちゃんと話していた。

「あなた、突然、何かができるなんてことなんてないのよ。

人生、コツコツやった人が最後に上手くいくようになってるの」


全てがそれに当てはまるかどうかは定かでないが

人生の大先輩がそういうのだから、きっとそうだのだろう。 そんなわけで今日もまた無目的に泳ぎ続ける。

閲覧数:126回0件のコメント

最新記事

すべて表示

武田真一さん

仕事柄、いろんな人とお会いすることが多いのですが 昨年、一番印象的だったのは元NHKアナウンサーの 武田真一さんとのお仕事でした。 NHKの要職にありながら、50代半ばにして昨年、早期退局。 「人生最高の親友であり、最大の理解者」という 同級生の奥様とともに個人事務所を立ち上げました。 妻と一緒に過ごせる働き方を望んだことが独立の決め手として大きかった、と。 サラリーマンとしての定年は迫り、旅はそ

今でも覚えていること

フリーになって間もない頃、苦手な男性編集者がいた。 言葉になんというか、トゲがあるというか、ぶっきらぼうな響きがあって、 一緒に仕事をしていると僕はずっと苛立っていた。 そんなフィーリングは相手にも伝わっていたと思う。 それなのに、よく仕事の依頼があった。 断る理由もないので、仕事はした。 そしていつも険悪な雰囲気の中で撮影をした。 その日は物撮りの撮影だった。 女性誌だったので、小物のようなもの

大阪時代の日記

昔のハードディスクの中に 20年以上前の日記を見つけました。 下手な文章ながら、笑えるものがいくつかあったので いくつかご紹介できればと思います。 「その1」 さっき天王寺郵便局の深夜窓口で荷物の発送手続きをしていたら、 正面に巨大なベンツが滑り込んで来た。 車から出て来た男は身長190cmくらい。 黒いダブルのスーツを着た元力士の曙(Yとする)のよう。 普通の人でないのは子供が見てもわかる。 さ

Comments


bottom of page