• Aloha-boy

カッパ

カッパ並みに泳いでいる。


カッパがどれほど泳いでいるかは定かではないが

かなり泳いでいることに間違いない。


だいたい一日3000mから5000mを

月に20〜25日くらい。


おそらく年間で1000kmくらいは泳いでいる。

指の股の水かきも順調に育ちつつある。


なぜ泳ぐのか、という理由は自分の中では漠然としている。

初めは単純に楽しかった。


物事が上手くなる過程には誰もが夢中になる。

でもあるポイントを超えてしまうと苦しさを感じることも増え、

上達の伸びがなくなり、これまでの情熱が冷め始める。


でもそこを乗り越えると少しだけステップが上がり、

また楽しい時間がしばらく続く。 そんな繰り返し。


しかしながら一気に何千mも泳ぐのはかなりキツイ。

喘ぐような自分の呼吸を聞きながら、なぜ泳ぐのか自分に問う。


特に競技を目指しているわけでもなく、これと言った目的もない。

なのになぜ泳ぎ続けるのか、と酸欠気味の冴えない頭でいつも考えている。


あと50mだけ泳ごう。

あの壁をタッチしたら、もうやめよう。

そんなことを考えながら、ずっと泳いでいる。


大人になって話す内容としては小っ恥ずかしい限りだが

結局のところ、何かに負けたくない、と考えているのだと思う。

その何かとは何なのか。

誰か、ターゲットにしている人物がいるわけでもなく、

よくよく考えてみれば、それは結局、自分自身なのだろう、

とある日、気がついた。


特に驚くような答えでもないのだが

酸欠気味の頭で考えるには少々難しかったようで、

モヤモヤした深層心理を言葉にすると

ああ、そうなんだと自分でも驚いた。



ある時、プールそばのジャグジーでおばあちゃんと話していた。

「あなた、突然、何かができるなんてことなんてないのよ。

人生、コツコツやった人が最後に上手くいくようになってるの」


全てがそれに当てはまるかどうかは定かでないが

人生の大先輩がそういうのだから、きっとそうだのだろう。 そんなわけで今日もまた無目的に泳ぎ続ける。

92回の閲覧

最新記事

すべて表示

コロナ禍とミュージックビデオ

2020年はいろいろと考える時間がありました。 悩みつつも、写真でやっていこうと決めたのは 20代前半の頃で、素敵だなと感じたことや、心に引っ掛かったものを カメラに収めていったのですが、それがどう将来に結びつくのか、 といった未来図も特になく、でもいろんな人々のお世話になり、 気がつくとカメラマンとして生計が立てられるようになっていた、 という次第でありました。かなり端折りましたが・・・。 多く

秀樹ロス

西城秀樹さんが亡くなられた。 子供の頃から大ファンで、小学生の頃は 振り付け込みで歌ったものだった。 今でもたいがいの歌を歌詞なしで歌える。 ちびまる子ちゃん世代である。 お会いしたのは秀樹さんが 40代半ばくらいの頃だったと思う。 テレビ局で撮影している時期があって 楽屋をひとつ借りていた。 コーヒーでも買いに行こうと狭い廊下を歩いていたところ、 前から背の高いにいちゃんが歩いてきた。 肩がぶつ

早起き始める

180515 6時に起床。 今日から早起きを始めたのだ。 朝食後、リビングでライティングを組み、テストシュート。 レンズフレア(ふわっと白くなること)がうまく出ないかと調整してみるものの、 最近のレンズは出来栄えがよく、フレアなどでない。 フォトショップだとフレアだけでなく、ゴースト(ダイヤモンド型の光の線)も 入るのが安っぽくてなかなか使えずにいたが、そうだ、レイヤーして ゴーストの部分だけ消せ

  • Grey Vimeo Icon
  • Grey Facebook Icon
  • Grey YouTube Icon
  • Grey Instagram Icon