top of page
  • 執筆者の写真Aloha-boy

武田真一さん

更新日:2月19日

仕事柄、いろんな人とお会いすることが多いのですが

昨年、一番印象的だったのは元NHKアナウンサーの

武田真一さんとのお仕事でした。


NHKの要職にありながら、50代半ばにして昨年、早期退局。

「人生最高の親友であり、最大の理解者」という

同級生の奥様とともに個人事務所を立ち上げました。

妻と一緒に過ごせる働き方を望んだことが独立の決め手として大きかった、と。


サラリーマンとしての定年は迫り、旅はそろそろ終わる。

それは安らぎを感じる一方、寂しくもあった。

人は何歳からでもチャレンジできる。

そう考え会社を辞めた。

そこにはどこまでも続く真っさらな大海原が広がっていて、

嬉しくなりました、と目を輝かせて語ります。


撮影を終えると二人は大きなリュックを背負い、

肩にトートバッグを担ぎ、丁寧にお礼を告げて、

軽やかに街中に消えていきました。

その二人を見ていて、爽やかな風のようなものを感じたのを記憶しています。

大ベテランのはずなのに、どこか初々しいというか、

二人で寄り添って、未来を切り拓こうとする姿に、心が温かくなりました。



「歳をとると感受性が鈍る」とずっと言われてきました。

「若い頃のような表現はできなくなるよ」と。

でも今になってなんとなく思うのは、歳をとって感受性が変わるのではなく、

それなりに偉い立場になると細やかな部分に

配慮する必要もなくなるからなのかも、という気がしています。

それが感受性を鈍らせているように見えるのかもしれません。

ただいろんな人に会って思うのは、結局のところ、人による、

という気がしていて偉いのに驚くほど腰の低い方もいますし、

丁寧な言葉遣いで話される姿はとても素敵だ、

といろんな人を見て思うようになった自分自身に驚いています。

武田さんたちのように、どんな立場になっても優しく細やかに言葉を紡ぐことは、

とても大切なことで、カッコもいい、と感じた2023年でした。

閲覧数:20回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今でも覚えていること

フリーになって間もない頃、苦手な男性編集者がいた。 言葉になんというか、トゲがあるというか、ぶっきらぼうな響きがあって、 一緒に仕事をしていると僕はずっと苛立っていた。 そんなフィーリングは相手にも伝わっていたと思う。 それなのに、よく仕事の依頼があった。 断る理由もないので、仕事はした。 そしていつも険悪な雰囲気の中で撮影をした。 その日は物撮りの撮影だった。 女性誌だったので、小物のようなもの

大阪時代の日記

昔のハードディスクの中に 20年以上前の日記を見つけました。 下手な文章ながら、笑えるものがいくつかあったので いくつかご紹介できればと思います。 「その1」 さっき天王寺郵便局の深夜窓口で荷物の発送手続きをしていたら、 正面に巨大なベンツが滑り込んで来た。 車から出て来た男は身長190cmくらい。 黒いダブルのスーツを着た元力士の曙(Yとする)のよう。 普通の人でないのは子供が見てもわかる。 さ

Comments


bottom of page